スピルリナの効果、効能について

スピルリナは、約30億年前に出現した最古の植物といわれる藍藻類の一種で、主にアフリカや中南米の熱帯地方の塩水湖に自生し、現地の人々は古来から食料としてしてきました。
緑黄色野菜の各種栄養素の他、良質のたんぱく質を含み、消化吸収性に優れた栄養食品です。スピルリナには、生命維持に欠かせないたんぱく質が牛肉の3倍、大豆の2倍含まれています。
また、緑色の葉緑素、青色のフィコシアニン、オレンジ・黄色のカロテノイドなど、天然色素が豊富に含まれており、疲れた体のケアに効果を発揮します。

特に葉緑素は「緑の血液」と呼ばれている色素で血液の原料となり、貧血改善やアレルギー対策、疲労改善、便秘の予防や改善、コレステロールの低下などに効果があります。

また、ビタミンB群やEが豊富に含まれており、疲労を回復したり、皮膚や各器官の粘膜を正常に保ち、口内炎や蕁麻疹などの皮膚症状にも効果があります。

アラプラスで血糖値ダウン情報が手に入ります。

中でも野菜にはほとんど含まれず、動物性食品に多く含まれるビタミンB12は、レバーやカキよりも豊富に含んでおり、悪性貧血や神経症の治療、消化器疾患、皮膚疾患、内分泌障害の改善に効果があります。
そして、体内で必要量だけ徐々にビタミンAに変換されるベーターカロテンを人参の10倍、ほうれん草の60倍含み、人間の体に害を及ぼす活性酸素を除去する働きや、がんや生活習慣病の予防に効果があります。

その上、スピルリナの有効成分で、体内でr-リノレン酸が活性化され、血糖値、コレステロール、血圧を下げる効果、アトピー性皮膚炎を抑制する効果、関節リウマチに対する効果、月経前症候群に対する効果があります。



またリノール酸、リノレン酸を多く含み、余分な脂肪を排出します。

特にこの2つの成分は体内で作ることができないで、普段から補充する必要があります。